受付時間9:30~20:00
【年末年始の営業】12/31~1/2休業
12/30、1/3:AM10:00~PM6:00

0120-727-047
即日発送いたします!無料資料請求 仮申込みはキャンセル無料入校仮申込み
ページトップへ
電話でのお問い合わせ 入校仮申込み

合宿免許のメリットについて

COLUMN & NEWS

合宿免許の様々な出会い!仲間を作って楽しく過ごそう

短期集中で教習を受けることで、短期間のうちに免許を取得することのできる合宿免許。全国の様々な教習所が取り扱っているサービスです。

 

合宿免許を行う教習所には、出身地や年齢、育ってきた環境などが異なるたくさんの人々が1つの空間に集まり、同じ時間を共有することになり、さまざまな出会いが生まれる可能性があります。

実際に、合宿免許への参加がきっかけとなり、生涯付き合うことのできる親友や、最終的に結婚に至るような恋人を作ることができた人が存在しているようです。

 

今回の記事では、合宿免許に参加することで、どのような出会いを手にできるのか、また、親しくなるためのコミュニケーションのコツについて、詳しく解説していきます。

 

合宿免許で良い出会いを引き寄せるために、参考にしてみて下さい。

 

合宿免許に出会いがあるって本当?

 

実際のところ、合宿免許に参加する事での出会いはあります。

 

特に学生の夏休みや、春休みなどの長期休暇の時期に出会いが多いです。その理由としては、まとまった休みの時間を利用し、短期集中で免許を取得してしまおうと考える学生がたくさんいるという点が挙げられます。

 

学生を中心に、若い年代の人が多く参加しているため、共通の話題で打ち解けやすいでしょう。

また、ほとんどの参加者にとって、合宿免許への参加は初めての経験です。そのため、皆少なからず不安を感じています。その不安が作用することで、世代や、性別を越えてお互いを近づける要因になるのでしょう。

 

通常、合宿免許の期間は2週間程です。その期間は皆と同じ宿泊施設で過ごす場合が多く、毎日の生活を共にすることになります。免許取得という共通の目的があることに加え、自由時間も用意されていることから、自然と仲の良い関係が構築されていくのです。

 

さまざまな地域の人が参加しているため、普段は関わることができないような人と仲良くなることができるでしょう。

 

合宿免許でどんな出会いがあるの?

 

合宿免許にはさまざまな出会いがあります。

 

新しい友人との出会いはその筆頭でしょう。学生時代に参加した場合、同年代の学生だけではなく、社会人の人と知り合えることもあるでしょう。社会に出てからのエピソードなど、貴重な話を聞くことができるはずです。

 

約2週間ものあいだ、見知らぬ土地で過ごすのは不安なものです。そんな不安を解消するために「仲間を作りたい」という気持ちを皆が持つ傾向があります。

 

そういった不安がきっかけで当たり障りのない話から始まったとしても、日々の時間を共有することで、合宿免許を終えてからも連絡を取り合ったり、たびたび実際に会って遊びにいくような関係になることもあります。

 

たとえ社会人であっても、教習生という立場で見れば同学年。自然と年下の学生とも親しくなることができるでしょう。

 

また、場合によっては異性同士で仲良くなるケースもあるようです。合宿免許の期間中は友人同士だったとしても、合宿免許が終わってから連絡を取り合い、恋人同士になり、ゆくゆくは結婚に至ることもあります。

 

他にも、地元の人と仲良くなったり、指導員と絆が生まれることもあります。

このように、合宿免許中には、自分が想像もしていない、意外な出会いが待っているかもしれないのです。

 

出会いは教習所選びから始まっている!

 

合宿免許に参加することができる教習所は全国にたくさんあり、その教習所によって異なる特性があります。

そのため、自分が求めるような出会いのチャンスを掴めるかどうかは、合宿免許に参加する際に選ぶ教習所によって変わってくるでしょう。

 

ここからは、合宿免許に参加する際の教習所選びのポイントについて解説していきます。

 

参加者が多そうな時期や場所

 

そもそも自分以外の参加者が少なかった場合、シンプルに出会いの可能性は少なくなってしまいます。合宿免許において出会いを求めるのであれば、参加者が多い時期に狙いを定めて申し込みをするべきでしょう。

 

同年代と出会いたい学生であれば、春休みや夏休みといった長期休暇の期間中がおすすめです「まとまった休みを利用して短期集中で免許を取得したい」と、多くの学生が合宿免許に参加します。

 

そのため、学生限定のプランを用意している教習所も多いです。20歳前後の学生にとっては、良い出会いを実現しやすい環境と言えるでしょう。

 

逆に、4月~6月、10月~12月といった学校の授業がある期間には、学生はあまり参加していません。

その代わり、社会人がまとまった休暇を利用して参加していることが多いです。学生以外の社会人にとっては「社会に出て働いている」という同じ立場の人と出会うことのできる狙い目の時期となります。

 

違った業種の人と仕事の話をすることで、盛り上がりやすく、距離が縮まりやすいでしょう。

 

さらに、合宿免許のプランの中には、「25歳以下」や「30歳以下」というように、参加者の年齢が制限されているプランもあります。自分が出会いたい年代の人が集まるプランを選択しましょう。

 

加えて、春季、夏季などの学生の長期休暇以外の時期は、参加料金が安くなっていることがあるため費用を抑えられます。自活している社会人にとってはありがたいメリットです。

 

また、施設の規模も重要な要素となってきます。

 

教習所の規模が大きいほど、たくさんの教習生を同時に受け入れることができるため、その分出会いの可能性がアップするからです。

 

彩り豊かな参加プラン

 

合宿免許参加者には、教習所によって様々なプランが用意されています。どのようなプランを選ぶかによって。出会いの可能性は変わってくるのです。

 

ここからは、出会いを求める人向けの参加プランを紹介していきます。

 

①食事付きプラン

 

出会いを求めるのであれば、「食事の時間をどのように過ごすか」が非常に重要なポイント。

 

合宿免許では、食事に関して「自炊するプラン」「近くにある飲食店の食事券を渡されるプラン」など、様々なプランがあります。

 

その中でも、食堂などで参加者が一堂に介して食事をする「宿舎での食事付き」プランがおすすめです。

 

近年のコロナの影響で、食事中は私語禁止の場合もありますが、皆で集まって談笑しながら食事をすることは、一気に人との距離を縮めるきっかけになります。

 

②相部屋プラン

 

特に同性の友人を作りたい方におすすめなのが、相部屋のプランで参加することです。

 

最初はお互いにぎこちないかもしれませんが、同じ年代、同じ目的を持つ者同士、すぐに

仲間意識が芽生えるでしょう。

 

③ホテルタイプのプラン

 

異性と出会いたい人の場合、ホテルに宿泊するタイプのプランをチョイスし、夜間に自由行動できる時間を増やすのがおすすめです。

 

昼間の教習中に異性とある程度仲良くなっておき、教習終了後に近隣の居酒屋さんなどに誘

い、時間を共有することでさらに仲を深めることができるでしょう。

 

④歓迎会などのイベントが予定されているプラン

 

歓迎会を行ってくれるなど、参加者同士の交流を深めるきっかけを与えてくれる教習所を選びましょう。

特に、積極的に人とコミュニケーションをとるのが苦手な人におすすめかもしれません。

 

空き時間も楽しめるロケーション(周辺環境)

 

合宿免許の教習には、日によっては空き時間がたくさんあります。出会いのチャンスを増やすために、この時間は有効に活用するべきです。

 

親睦を深めるきっかけを作るために、校内や周囲に、空き時間を一緒に楽しめるような場所、アクティビティがある学校を選びましょう。

教習の空き時間にたまたま会った時にだけ話す、というだけでは限界があります。空き時間を使って気になる人と仲良くなれた場合に、校外での遊びに誘うことができる周辺環境があるかどうかは重要なポイントです。

 

また、観光地での合宿免許の場合、教習所が主催して観光ツアーを行ってくれるところもあります。同じ目的地に観光しにいくことで、話題が豊富になり、急速に距離を縮めることができるでしょう。

 

こういったツアーに参加するのは、人間関係を築きたいという思いがあっての事でしょう。人見知りの方でも打ち解けやすい雰囲気の中で観光できるはずです。

 

合宿免許、どんなシーンで出会えるの?

 

人間関係を構築する上で、第一印象はとても重要なポイントです。

当たり前の事ですが、基本の挨拶を礼儀正しく行いましょう。

 

また、挨拶する場所とタイミングも大事です。相手の都合を考え、空気を読む必要があります。

 

おすすめのタイミングは、

 

・乗車待ちの時

・学科教習で席が近くなった時

・休憩室で休んでいる時

・食事中の時

 

などです。

 

これらのタイミングであれば、さりげなく、相手の邪魔にならずに声をかけることができるでしょう。

また、入校初日は皆が少なからず緊張しているはず。思い切って自分から挨拶をすることで緊張がほぐれ、自然と会話がはずみ仲良くなることができるでしょう。

まだグループが形成されていないうちに自分から声をかけることで、たくさんの人との交流が生まれるきっかけになるはずです。

 

一人で参加しても大丈夫?

 

結論から言うと、1人で合宿免許に参加することに問題はありません。

 

むしろ、1人で参加した方が、出会いの確率は上がります。

 

なぜなら、既存の友人関係にとらわれることがないからです。人間はどうしても心地よい環境に留まってしまいがち。親しい友人との合宿生活はもちろん楽しいものですが、どうしても親しい友人同士で固まってしまい、新たな出会いに繋がりにくくなってしまうのです。

 

また、一人で参加することによって、合宿期間中に一人の時間を確保できるというメリットもあります。親しい友人同士で相部屋のプランであったりすると、プライベートの時間を確保しづらいため、ストレスを感じてしまったり、予期せぬ仲たがいが発生してしまう可能性も。

 

親しい友人とけんかしてしまっては、新たな出会いどころではありません。こういった事態を避けることができるのも、1人参加のメリットと言えるでしょう。

 

ちなみに、実際に合宿免許参加者の人数の割合を見てみると、一人参加の割合が最も大きいのです。もちろんグループでの参加者もたくさんいますが、決して一人参加は珍しい事ではありません。(参考:https://www.kyosyujyo.co.jp/Column/115.html)

 

仲良くなるためのポイントとコツ

 

合宿免許に出会いのチャンスがたくさんあるのは間違いありません。しかし、合宿免許に限らず、自分から行動しないと友人ができる可能性は低くなってしまいます。

 

幸運にも相手の方から話しかけてきてくれ、そのまま仲良くなることができる場合もあるでしょう。

 

しかし、可能性として、自分から行動せず、かつ誰からも話しかけられなかった場合、合宿免許の期間中ずっと一人ぼっちになってしまう事もあり得るのです。こういった事態は避けたいですよね。

 

やはり、自分からどんどん話しかけていった方が、出会いのチャンスは広がりやすいです。自分から発言せずに待ちの姿勢でいると、周りから話しかけづらいと思われてしまい、敬遠されてしまうかもしれません。

 

隣に座った人と、まずは軽い世間話から始めてみましょう。その際は笑顔と基本の挨拶を忘れずに。

そうすれば、大抵の人はポジティブな反応をしてくれます。

たとえ話下手な人でも、その日の教習や、教習所の施設、指導員さんの事など、合宿免許に関する内容であれば、共通の話題として話すことができ、盛り上がりやすいはずです。勇気を出して、自分から話しかけてみてください。

 

仲間が出来ると得られるメリットは?

 

見知らぬ土地で2週間という期間を過ごすことになる合宿免許。その期間中1人きりというのは、寂しいですよね。

 

寂しさを打ち消すためにも、楽しい思い出を作るためにも、仲間は必要です。

 

また、合宿免許の最大の目的は、免許を取得することです。

免許取得に関しても、仲間がいることは大きなメリットを生み出します。

 

仕事や、学業にも言えることですが、共通の目標を掲げる仲間がいることは、高いモチベーションを保つために大きな意味を持つのです。

 

教習の空き時間に問題を出し合ったり、教習中に理解できなかった部分を教え合ったり、互いが切磋琢磨することで、教習に身が入り、期間内に免許を取得できる可能性を高めることができるでしょう。

 

初めての物事を体験することは、大きなストレスを伴います。健全な精神で合宿免許を乗り越えるためにも、仲間は大事な存在なのです。

 

仲間と一緒に合宿生活をより楽しもう!

 

ここまで、合宿免許は免許を取得するためだけの場ではなく、新たな出会いの場でもある理由と、そのメリット、出会いを掴むためのコツなどを解説してきました。

 

約2週間という、短くも長い合宿生活。貴重な人生の時間です。免許を取得するだけでなく、新しい出会いから仲間を作って、合宿免許生活をよりエンジョイしてみてはいかがでしょうか。一生忘れられない思い出ができるかもしれませんよ。

 

受付時間9:30~20:00
【年末年始の営業】12/31~1/2休業
12/30、1/3:AM10:00~PM6:00

0120-727-047

COLUMN 注目のコラム

INFORMATION 合宿免許の選び方関連情報