春・夏休みを利用して上手に免許を取得!コープ・生協おすすめの合宿免許
最安料金保証
最安料金保証
クレジットカード決済
運転免許ローン
大型車・大型特殊
普通車・二輪車の資料をデータPDFでダウンロード!
教習所検索
希望免許で探す
地域
希望入校日
日頃
お電話でのお申込み・お問い合わせはこちら
0120-727-047
お申込み・資料請求はこちら!





合宿免許とはどういうものなのか?

『通学で教習を受け免許を取得する場合と、合宿で取得する場合ってどちらがいいのか?違いはあるのか?』

『知らない人と知らない場所に泊まりながら免許を取得を目指すのって大丈夫なのかな…』

『普通免許以外にバイクやトラック、お仕事で使うような特殊車両の免許も合宿で取れたりするのか?』

合宿免許とはどういうものなのか?そのメリットやデメリットはどのような所にあるのでしょうか?

みなさんの中にはそのような疑問を抱く方が多いと思います。運転免許教習所に通うなんて言うのはもしかしたら一生に一度きり。わからなくて当然なのです。

ここはそんなみなさんの疑問を解決するための合宿についてまとめたコラムコーナーです。 今すぐに免許取得というあなたも、これから将来的に合宿で免許を取得しようと考えているあなたも必見のコーナーになります。



まず合宿免許とは

一定の期間を教習所に付随する宿泊施設で過ごすことにより集中的に座学教習・実地教習を受講し、運転免許の取得を目指していくことをいいます。 自動車教習所によっては教習所に付随する宿泊施設ではなくホテル、旅館といった宿泊施設と提携し、宿泊し教習を行うというところもあります。リゾート地に併設されている自動車教習所はほぼ合宿生が入校するためにあると言っても良いくらいでしょう。

一定の期間とは取得する免許の種類によって違うこともあるが、大体2週間からひと月程でしょう。教習場所は家から通える様な近い場所などではなく、自県外の都道府県外まで赴くことがほとんどです。教習所によっては申込の規定で自県又は隣の県などからの申込みを制限しているという場合もあったりします。 いつも暮らしている場所を遠く離れて教習を受ける為に合宿を行うとあって、半ば旅行のような行楽気分で時間さえあれば気軽に運転免許取得を目指すことが出来きますね!



日本全国から選りすぐり!公安委員会指定教習所だから安心です!

コープ免許サイトでは、日本全国から選りすぐりの免許合宿に特化しているまたは行っている、 安心の公安委員会指定教習所を紹介しております。すべての教習カリキュラム、卒業証明書(仮免許)取得までの順序内容などはお近くの通うことの出来る公安委員会指定教習所と全て同じものとなります。

公安委員会指定の教習所(以後、公認教習所)ならば、日本全国のどの教習所で教習を受けたとしても試験場での実地試験は必ず免除となります。
どなたでも教習所を卒業した後で、指定の運転免許試験場(自動車試験場)で学科試験に合格することが出来れば、 即日運転免許証を持つことが可能です!



公認の教習所じゃないとどのあたりが駄目なのか?

公認の教習所でなくても運転技能教習や座学などで様々な知識・流れなどを学ぶことは出来ます。
しかしながら、教習カリキュラムが公認の教習所と異なっていたりするため、卒業後の流れがかなり違って来るのです。
公認自動車教習所ならば、卒業時に検定を受験して卒業証明書(仮免許)取得をすることが出来る為、その後で行くことになる自動車試験場での実地実技試験などは課されません。 しかし公認教習所ではない場合は、卒業証明書(仮免許)が取得することができない故、卒業後、試験場で筆記・実地両方を受験するという流れになります。

コープの免許で、ご紹介する選りすぐりの教習所は全て公認の教習所なので、安心してご利用していただくことが出来ます!
また地域によっては公認の教習所が近くにない、または通える範囲に無いなんて所もあると思いますので、合宿で入校してしまうというのは手だと思います!
コープのオススメ、安心の公認教習所はこちら


教習の内容と卒業後の対応方法について

上の項目でも説明している通り公認の自動車教習所で行われる教習の内容は全て法的に決まっているものをカリキュラムとしています。つまり合宿中の教習内容は通学で近所の公認教習所での教習内容と同じ内容の物となります。
卒業後の対応方法なども一切違いはなく、卒業検定試験に合格すると証明書(仮免許)が交付され、指定の各試験所で筆記の試験のみを受験するという流れです。



合宿もしくは通学一体どちらが良いでしょうか?

公認指定自動車教習所で行われている教習の内容はどれも法的に決まった物をカリキュラムにしているので、通学にしても合宿にしても教習の内容に相違はありません。 もし、どちらかを選ぶとするならば、「短期間で集中して受講したい」「友達を作りたい」「旅行気分を味わいながら教習を受けたい」など自分自身の目的による選択になってくると思います。

近隣または通える範囲の場所で公認の教習所がある場合は通学でも問題ないと思いますが「友達と一緒に教習を受けたい」「通学だと飽きっぽいので通わなくなってしまう可能性がある…」など合宿のメリット重視で選ぶとすると免許合宿で教習を受けるのが良いと思います。 ライフスタイルまたはその目的によって好きな方を選ぶのが良いと思います。




合宿のメリットをいくつか

メリット 1

費用が安い事 通常は教習にかかる費用はとしては、一般的な公認教習所の場合ですとAT限定で約27万円程
仮免・卒業検定の試験に落ちてしまうと、1回大体5000円くらいが追加で掛かってしまいます。
人によっては、それよりもお金も時間も掛かってしまう可能性があります。
その点、免許合宿の料金設定はパック料金設定がほとんで、教習費・宿泊費・食費など合宿教習に必要な費用を全て含んだ料金設定であることが多く、プラスして自宅から現地まで掛かった交通費も教習所から支給される場合があります。
※すべての教習所がそうという訳ではありませんので、お問い合わせ下さい。
通学で教習を受けるより安い費用で教習を受けることが出来るのです。
※通学でも教習所によってはパック料金がある場合もあります。

メリット 2

短期間で効率的に免許取得出来る 通学だと混雑していて中々予約が取れないなどで、卒業するまでにかなりの日数が掛かる場合があります。
聞いた話ですが、都内の学校に通いながらバイトもしながら教習所に通っていた方が卒業までに掛かった期間はなんと三ヶ月だったそうです。 駅から近い通いやすい人気の教習所だったため、一回の予約で一コマ、取れても実地と座学一コマずつという予約状況だったようです。 掛かる期間は人それぞれとは言え、あまりにも非効率な状態に陥る可能性が高いのです。
社会人の方でお仕事をしながら通うとなると教習に掛ける時間が主に週末などお休みか仕事が終わってからといった感じになるでしょうから人が多く、予約が難しく思ったように教習を進めることが出来ないということもあります。
合宿免許でしたら一定期間に集中して教習を行う為、短期間での卒業が可能であり、AT限定なら二週間くらいで卒業可能です。夏季・冬季・春季休暇の混み合う時期であっても予約の上限を設定してありますので、 予約が空いていないということが少なく連続での実地教習などが可能になる為、得られた運転の感覚を忘れる事なく早く上達できて、効率の良い教習ライフを送る事が出来ます。

メリット 3

卒業保証付き メリット1の項目でオトクな料金パックのお話をしましたが、その中に含まれる卒業保証というものの説明をします。
こちらは卒業までは、何度実地教習や試験を失格となりやり直しになったとしても追加料金が掛かりません。
補習・再受験のたびに追加料金という通学教習の価格とは違い最初に提示された金額のみで大体の方が卒業できてしまします。
※どんな状況でも卒業出来るという訳では無いので詳しくはお問い合わせ下さい。

メリット 4

旅行気分を満喫しながら教習ライフ 自宅近くから離れて、教習が終了するまでの間宿泊して教習を受けることで旅行気分を満喫する事もできます。
主にリゾート地などにある公認自動車教習所では地元のリゾートホテルなどと提携してプラン組みを行っていることが多くとても快適に教習ライフを送ることが出来ます。 教習所によっては教習所自体に宿泊施設が併設されていて修学旅行気分を思い出すことができるかもですね!
※リゾートパックプランは大変に人気がある為、お早目の予約が必要となります。詳しくはお問い合わせ下さい。

メリット 5

女性も安心 女性ひとりでも安心です。プランの中にはレディースプランもあり、お一人で参加あるいはグループで参加する女性の為の保証があります。
女性一人での参加不安と感じられている方が少なくないと思いますが、レディースパックでは宿泊施設など女性のみだったり、プラン自体女性しか参加していない事が多く、 セキュリティーも万全で宿泊施設には監視カメラがあったり、ガードマンが付いている宿泊施設を併設または提携している教習所も多く、とても安心です。 一人参加であっても同じ免許取得を目的としている仲間。そこはあっという間に友達になれると思います!


次に合宿免許のデメリットを挙げます

デメリット 1

普段運転する事を想定している環境と違う 合宿で免許教習を行う場所は普段運転する事を想定している環境とはかなり違う場合が多いです。(※住んでいる場所によっては同じ環境という事もあります。)
例を挙げるとしますと、山間の人口の少ない場所にある公認教習所で免許合宿を行った場合、都内など都市部に戻って運転する時に教習時と環境が全く違うので運転に不安を覚えます。 ただ教習所によっては練習や主に実地教習の追加教習を行ってくれる教習所があります。詳しくはお問い合わせ下さい。
例えば降雪地帯で実地教習を受けるとして、教官が隣に座もらった状態で雪道運転を習う事ができるので、雪があまり降らない所の方にとってはこういった環境の違いというのもある意味メリットだと言えると思います。

デメリット 2

ある程度まとまった休みが必要になる 教習開始から卒業までどんなに早い人であっても二週間ほどは掛かります。 当然その間は学校・会社などに通うことは出来ない事になりますので、かなりまとまった休みが必要となるわけです。
学生の方ですと夏季・冬季などの長期休暇を利用するという事も出来ますが、下の項目で説明する通り予約を取るのが難しいという事が多いです。

デメリット 3

予約が取りづらい リゾート地に併設されている公認自動車教習所などは夏休みや年末~3月の卒業シーズンなど大変混み合います。
混み合うと言っても人数が限定されているので教習に支障はありませんが、予約が大変取りづらい事多いです。
自身の希望する時期申込の時期によっては入校予約が取れない事が多いです。
コープの免許では時期が決まったらなるべく早めのご予約オススメしています。

デメリット 4

短期間教習 合宿教習といえば短期間教習。教習期間中はかなりの過密スケジュールになります。朝から晩までとにかく運転技能についての教習が行われる為、 集中力は持たないしかなり疲れてしまいます。 多少のお休みはあれど、非常に忙しい教習ライフとなってしまします。

デメリット 5

自宅から遠い 教習所によっては、自宅から教習を受けに通っても合宿教習と同じプランで参加可能な場合もありますが、 基本は遠くの施設に赴き教習を受けるべく、宿泊施設ですごす事がほとんどです。 ですので距離的にすぐに自宅に帰ることは難しいと思います。もちろん緊急の場合は別です。

デメリット 6

年齢制限がある 合宿教習を受け付けている教習所のほとんどが基本、25歳までです。
それ以上の方も受け入れる体制がある所もありますが、掲載のプランとは違ったものになってしまったり、 追加の料金が掛かるなど様々な弊害があります。
詳しくはお問い合わせ下さい。

コープの免許がオススメする合宿プラン

当サイトがご案内している日本全国からの選りすぐりの教習所はすべて公安委員会の指定教習所です。 先にご説明したように学科教習・技能最短時限数卒業時の検定など教習カリキュラムの進め方などは通学の場合と同じです。 通学の場合ですと学科教習や技能教習の予約スケジュールの混雑具合など、 教習所毎の状況に沿ったスケジュールにて通学教習する事を必要とすることがあります。 その為、卒業までかなりの日数が掛かる可能性があり、教習所中には技能教習の予約スケジュール自体、教習生自身による手配制にしている所などがあります。 特に週末または長期休みなどの繁忙期には、実地教習の予約が思うように取れないことがあったり、 入校から卒業までになんと数ヶ月も掛かってしまうなど、かなり多くの日数を要する場合が出てきます。 合宿教習免許というものは入校から卒業までの教習カリキュラムを最短スケジュール効率よく教習を進めることが可能です。 卒業までの日数は個々のレベルに応じて変わってしまう為、通学の場合と同じでに日数が延長される場合も多々ありますが、 プラン卒業まで保証などで延長時は追加料金が不要なプランというのもご用意しておりますので、 安心して教習を受けられるのも合宿で教習を受ける大きなメリットであるところです。


とにかく格安で良い公認自動車教習所に行く為には

免許合宿は最短で運転免許教習を定められたカリキュラムに沿ってすべての過程行い、 そのスケジュールを円滑に進めて行かなくてはならないという関係上から期間ごとの定員の制限が設けられています。
格安で少しでも良い希望の公認教習所に入校する為には早期の予約が必要です。夏季や春季、冬季などの長期休みの場合には早々に予約が埋ってしまうため、 早いと三ヶ月から半年前からの予約をする方もいらっしゃる様です。 ギリギリで予約したい場合でも諦めずに一度コープの免許にお問い合わせ頂き、弊社担当者に相談してみてください。
尚、お問合わせ時には自分目的や希望などを明確にしてお問い合わせを行うするとスムーズに行きます。 お問合わせはこちら↓

提携教習所一覧
北海道
岩手県
山形県
宮城県
福島県
栃木県
群馬県
茨城県
埼玉県
千葉県
新潟県
長野県
山梨県
石川県
福井県
愛知県
静岡県
兵庫県
和歌山県
鳥取県
岡山県
島根県
広島県
徳島県
香川県
愛媛県
高知県
大分県
鹿児島県
熊本県
佐賀県
長崎県
沖縄県