平日 9:30~20:00 / 土日祝 10:00~18:00

0120-727-047
即日発送いたします!無料資料請求 仮申込みはキャンセル無料入校仮申込み
ページトップへ
電話でのお問い合わせ 入校仮申込み

宮城県の合宿免許プラン

SCHOOL IN MIYAGI

SCHOOL 宮城県の合宿免許プラン一覧

0件の合宿免許情報があります

宮城県の合宿免許プラン

該当する教習所はありません。

INFORMATION 宮城県の合宿免許情報

宮城県は東北地方の東岸に位置しており。東は太平洋、西は奥羽山脈に面し、豊かな自然に囲まれています。

仙台牛タンに代表されるグルメ、紅葉が綺麗な山々の景色を眺めながら入ることができる温泉、楽しい美術館などがある、魅力満載の場所です。

また、東京から飛行機に乗り一時間強で到着するアクセスのしやすさも魅力の1つで、首都圏から毎年たくさんの合宿免許参加者が宮城県を訪れています。

  1. 01

    宮城県の気候

    東北地方と言えば『積雪が多いのでは?』と思う方もいるかもしれません。しかし、宮城県では、山沿いの積雪は多いですが、代表的な都市、仙台がある太平洋側ではあまり雪は降りません。どちらかといえば冬でもあたたかく、降った雪が1週間残っていることは稀です。

    夏は海から心地よい風が吹くので、真夏日や、寝苦しい熱帯夜が襲ってくることは少なく、真夏日になる可能性のある夏の時期が1か月程度しかありません。そのため熱中症のリスクもあまりないのです。
    6月下旬~7月下旬にかけて梅雨の時期となるものの、オホーツク気団の影響で涼しくなることが多いため、都心のように蒸し暑くはならず、不快を感じさせません。

    このように、比較的一年を通じて過ごしやすい気候となっています。時期を選ぶ必要がないので、気軽に宮城県を訪れることができますね。

  2. 02

    宮城県の観光

    過去、伊達政宗が基盤を作り、城下町として栄えた仙台市を中心に、雄大な自然を生かしたスポットや、古くからの歴史に触れることができるスポットなど、数多くの魅力的な場所が存在する宮城県。

    南三陸のリアス式海岸が広がる海、連なる奥羽山脈の山々に加えて、都市部にもプロスポーツの拠点となるスタジアムがあるなど、訪れるべき観光スポットは数知れず。
    その中でもおすすめの観光スポットを、厳選して紹介していきます。


    ①定禅寺通り
    宮城県随一の都市、仙台市にある、代表的な並木道です。ビルの谷間を走る緑は、仙台のおだやかなイメージを想起させます。

    ここで見ることが出来る、『SENDAIひかりのページェント』は、1986年から続く仙台における冬の風物詩。60万個もの電球に彩られた160本に及ぶケヤキ並木が、一斉にイルミネーションと化します。高台から見れば、テーマパークさながらの美しさで、地上に舞い降りた天の川のようです。

    仙台駅から徒歩15分ほどのアクセスのしやすさも魅力の1つ。毎年アイスリンクも設営され、手ぶらで行ってもスケートを楽しむことができます。大人から子供、カップルまで、人を選ばず皆をハッピーにしてくれる観光スポットです。

    ②秋保大滝
    幅6m、高さ55mの東北を代表する秋保大滝。川沿いを歩いて行けば、すぐ近くで滝つぼを見ることができるパワースポットです。凝灰岩をかち割るかのように落ちる滝は圧巻そのもの。紅葉の時期には一層綺麗で風情のある景観となります。

    ③せんだいメディアテーク
    上述の定禅寺通りの並木道にある、世界的に評価が高いアートが楽しめる美術の複合施設です。その建物自体の美術的価値が高く、世界的建築家である伊東豊雄氏が手掛けており、多数の賞を受賞しています。

    センス溢れるアートの展示を見ることが出来る他、東北の伝統工芸品を買い求めることができるショップや、開放的なカフェも併設されているので、アートに刺激を受けたい方にはおすすめです。

    ④曹洞宗金剛宝山 輪王寺
    輪王寺は、東北随一の美しい庭園を楽しめる、伊達家にゆかりあるお寺です。明治9年の大火事で、一部を残して焼失してしまいましたが、1903年に当時の住職によって復活。

    たったの300円で散策することができる庭園では、4月はつつじ、6~7月はアヤメ、秋は紅葉が彩りを加え、多くの観光客を魅了しています。

  3. 03

    宮城県のグルメ

    せっかく宮城県を訪れたのなら、宮城県でしか味わうことのできないグルメを味わっておきたいですよね。
    宮城には誰もが知っている『仙台牛タン』をはじめ、ずんだ餅や、マーボー焼きそばに代表されるような『B級グルメ』も充実しています。そんな魅力たっぷりな宮城グルメを紹介していきます。

    ①牡蠣カレーパン
    仙台市気仙沼といえば牡蠣。新鮮な牡蠣とカレーの相性の良さに驚かされること間違いなしの牡蠣カレーパンという名物があります。一口食べれば、牡蠣の香りが口の中一杯に広がり、幸せな気分にしてくれます。松島限定の商品という事もあり、レア度はかなり高いです。せっかく宮城にきたのであれば、食べるべき一品でしょう。

    ②仙台牛タン <
    仙台グルメの代名詞とも言える存在の『牛タン』
    都心の焼肉店と比較すると、基本的に分厚いカットで提供されているようです。肉厚で弾力がしっかり感じられるのに、脂がのっていて噛み切ることが出来る。その美味しさは説明不要ですよね。是非、タンの根元の、あまり動かしていない部位を食べてみてください。綺麗なサシが見た目からも食欲を刺激してくれます。

    ③定義とうふ店のあぶら揚げ
    このあぶら揚げを食べるためにわざわざこの店を訪れる人も多いという、人気店のあぶら揚げ。食べ歩きにぴったりです。香ばしく揚げられた上にサクッと軽い食感、醤油が染み込んだ部分を噛むと同時にあふれ出すジューシーさ。ビールとの相性も抜群です。

    ④ほや
    宮城県はほやの生産量が全国の消費量の80%をしめています。ちなみに消費量も宮城が日本一。まさにほやの名産地です。
    『ほや』と聞くと、においやクセが強烈で、『上級者向けの珍味』という印象があるかもしれません。しかし、宮城の新鮮なほやは、さわやかな甘味があり、初めて食べる方でも食べやすい味になっています。
    せっかく宮城を訪れたのなら、挑戦してみるべき味かもしれません。

  4. 04

    宮城県への首都圏(東京、名古屋、大阪)からのアクセス

    ・東京~
    新幹線・・・1時間30分~2時間
    飛行機・・・1時間

    ・名古屋~
    高速バス・・・9時間20分~
    JR在来線・・・12時間~
    新幹線・・・3時間30分~4時間30分
    飛行機・・・1時間15分
    フェリー・・・21時間40分~

    ・大阪~
    高速バス・・・12時間
    JR在来線・・・17時間
    新幹線・・・4時間30分~
    飛行機・・・1時間20分~1時間30分

TOHOKUAREA 東北エリアの合宿免許を見る