平日 9:30~20:00 / 土日祝 10:00~18:00

0120-727-047
即日発送いたします!無料資料請求 仮申込みはキャンセル無料入校仮申込み
ページトップへ
電話でのお問い合わせ 入校仮申込み

合宿免許のスケジュール

COLUMN & NEWS

効果測定とは?合格のポイントと勉強のコツ

教習所における各種試験を受けるためには、まず効果測定をパスしなければなりません。

 

今回の記事では、教習所における教習の流れと、効果測定のポイント、勉強のコツについて解説していきます。

 

教習所の入学から卒業までの流れ

 

教習所では、免許を取得するために、受講するべき教習の時限数が決められています。ATとMT、免許の種類の違いにより、必要となる時限数は異なります。

 

普通免許を取得する場合の教習時限数は、以下のようになっています。

 

・学科教習:AT・MTともに第1段階10 時限、第2段階16 時限の計26時限

 

・技能教習:ATは第1段階12 時限、第2段階19 時限の計31時限 / MTでは第1段階15 時限、

      第2段階19 時限の計34時限

 

加えて、1日に受講可能な技能教習の時限数は「第一段階・2時限まで、第二段階・3時限まで」と法令で定められています。

 

卒業までの流れは、以下の通りです。

 

・入校手続き(オリエンテーション)

・適性検査

・先行学科

・第1段階の教習

・みきわめ

・修了検定

・仮免学科試験

・第2段階の教習

・みきわめ

・卒業検定

・卒業証明書交付

 

適性検査とは、視力検査、色彩判別能力検査、聴力検査、運動能力検査、運転適性検査を総称した呼び方です。

普通車を運転するためには、両目で0.7以上、片目で0.3以上の視力が必要となります。

 

片目の視力が0.3未満であっても、もう片方の眼の視力が0.7以上である事に加えて、視野角度が左右合計で150度以上であれば、裸眼で運転することが可能です。

 

以上の条件を満たさない場合は、運転時に眼鏡やコンタクトなどの視力矯正器具の着用が義務付けられることになります。

 

効果測定とは?

 

免許を取得するためには、仮免学科試験と本免学科試験に合格する必要がありますが。効果測定とは、その2回の試験の前に行われる模擬試験です。出題形式は、それぞれの本番の学科試験と同じような形であるため、本試験に向けての良いリハーサルとなるでしょう。

基本的には、教習所のパソコンで行われる試験となっています。

 

第一段階の学科教習を全て終えたタイミングで、仮免前効果測定、第二段階の学科教習を全て終えたタイミングで本免前効果測定を受験して、合格しなければ、仮免、本免、それぞれの学科試験を受けることはできません。

 

教習所によっては、効果測定に2回〜3回合格しなければ、本番の学科試験を受けられないという規定があるところもあるようです。

 

効果測定を受ける際には、予約が不要な場合が多いですが、中には予約が必要となる教習所もあるため、注意が必要です。

 

教習所における第一段階について

 

教習の第一段階においては、「仮免許の取得」を目指します。

 

仮免許取得のための知識をテストするものが「仮免許学科試験」であり、その模試に相当するのが「第一段階の効果測定」です。

仮免許のための技能をテストするのが「修了検定」で、その模試に相当するのが「みきわめとなっています。

 

これらのクリアすべき項目の順序は、原則的に以下の通りです。

 

①効果測定

②みきわめ(①と②は順不同です。)

③修了検定

④仮免学科試験

 

教習所によっては、効果測定が不合格だったとしても、修了検定の受験が認められるところもあります。しかし、その場合でも、効果測定に合格しなくても良いわけではありません。修了検定に合格した後に効果測定を受け、合格しないことには仮免学科試験を受けることはできないのです。

 

効果測定は、仮免学科試験の模擬試験のような内容です。仮免許学科試験対策の勉強に早めに取り掛かるという意味もふまえて、通常の流れで効果測定を終えておいた方が良いかもしれません。

 

第一段階効果測定

 

ここからは、第一段階の効果測定について解説していきます。

 

第一段階の効果測定は、仮免許取得前に受験し、合格しておく必要があります。基本的には、効果測定に合格しなければ、次のステップである修了検定を受けることはできません。

 

第一段階の効果測定の問題は、1問2点の◯×問題が50問出題されます。100点満点中、90点以上(45問以上正解)で合格です。制限時間は30分となっています。

 

その出題内容は、基礎知識に関するものが中心です。しかし、中には、日本語の言葉の微妙なニュアンスの違いを利用した、トリッキーな問題も出題されます。仮免学科試験と同様、〇✕形式で出題されるため、2分の1の確率で正解できるはずですが、ひっかけ問題につまずいてしまうと、なかなか合格基準の90点に到達することはできません。

 

そのため、自分の苦手な分野を把握し、事前に念入りに勉強しておく必要があります。

 

よく出題される問題に、一方通行の標識があります。一方通行の標識というのは、青地に白の矢印ですが、これとよく似た左折可の標識と間違えてしまうのです。

 

左折可の標識は、白地に青の矢印となっており、配色が異なるだけで形はほぼ同じとなっています。

また、これと同様に、よく似た標示について問題や、様々な状況において、一時停止をするべきなのか、それとも徐行するべきなのかという問題など、基本的な標識や表示、交通ルールに関する問題が出題されるのです。

 

また、効果測定は、教習所によって1日に何度でも受験できるところや、回数が制限されているところがあり、不合格となり再試験を受ける場合には、再度受験料がかかる場合があります。

できるだけ一発で合格できるよう、教習所のパソコンや、インターネット上にある練習問題を活用し、頻繁に出題される問題、自分が間違いやすい問題を把握し、予習しておきましょう。

 

ちなみに、運転免許試験場や、自動車教習所の仮免学科試験・本免学科試験・学科効果測定では、約1割以上が標識と標示から出題されています。免許取得のためには欠かせない部分なので、しっかり勉強してください。

 

仮免許学科試験

 

第一段階の効果測定に合格すれば、修了検定を受けることができます。修了検定に合格すれば、次は仮免学科試験です。

 

仮免学科試験も、第一段階の効果測定と同じく、自動車教習所で受験することになります。

 

その問題は効果測定と同じく、制限時間は30分、1問2点の〇✕問題が50問で、100点満点中90点以上で合格です。

 

また、仮免学科試験の問題はAT限定免許、MT免許、自動二輪免許など免許の種類は違って、も全て同じになっています。

 

もし、不合格になってしまっても、何度でも受験することが可能です。しかし、仮免学科試験に合格し、仮免許を取得しなければ、第2段階の教習を受けることができないため、教習の期間が延びてしまいます。

 

加えて、多くの場合、仮免学科試験の再受験には、2,000円~3000円程の費用がかかるのです。教習所によって異なりますが、仮免学科試験は一週間のうちの限られた日数しか行われない場合もあるため、時間とお金の節約のためにも、できるだけ一発で合格できるよう、しっかり対策しておきましょう。

 

仮免学科試験で出題される内容は、道路交通法、いわゆる交通ルールに関するものが多いです。重点的に復習おくことをおすすめします。

 

さらに、自分が取得する免許の種類に関わらず、マニュアル車や二輪車(バイク)に関する問題も出題されるのです。

自分が今後運転する車とは関係ない部分の知識も必要となるため、大変かもしれませんが、しっかりと試験範囲を網羅しておきましょう。

 

特に、効果測定の出題内容や、勉強していた際に間違えた部分については、しっかり見直しておく必要があります。

インターネット上にある練習問題や、教習所のパソコン、書籍でも試験対策が可能です。これらをうまく活用して、一発合格を目指しましょう。

 

教習所における第二段階について

 

第二段階においてクリアすべき項目の流れは、以下の通りです。

 

①効果測定

②みきわめ(①と②は順不同です)

③卒業検定

 

第一段階と同じく、卒業検定を受けるためには、効果測定に合格する必要があります。

また、教習所での卒業検定は、技能試験のみとなっており、最後の関門である、本免学科試験は、運転免許試験場で受けることになります。

 

第一段階の学科教習においては、主に基礎について学びましたが、第二段階では、「応用編」を学ぶことになります。

 

とはいえ、そのイメージは、「第一段階で学んだ内容をさらに深堀りした内容」となっています。

第一段階で学んだ内容をきちんと復習しながら、第二段階の内容を吸収していけば、スムーズに各種試験に合格することができるでしょう。

 

第二段階効果測定

 

第二段階における効果測定とは、第一段階で覚えた基礎の知識の「応用編」とも呼べる、第二段階の学科教習の内容が身についているか確かめるテストです。

 

これに合格することで、卒業検定の受験資格を手にすることができます。

 

第二段階の効果測定の問題は、制限時間は50分、1問1点で90問、イラスト問題が一問2点で5問、合計95問という内訳になっています。

第一段階の効果測定と同じく、100点満点のうち、90点以上(45問以上正解)で合格です。

 

合格点の基準、制限時間、問題数、配点、難易度などに関しては、ほとんどの教習所では、実際に運転免許試験場にて受ける学科試験と同じように設定されていますが、合格点や、合格しなければならない回数に関しては、異なる基準を設定しているところもあります。

 

問題の内容ですが、常識的なものが多く、あまり難問は出題されません。基本的には、きちんと学科教習を受講して、要点を抑えておけば良いのですが、「ひっかけ問題」の要素が強い問題がたくさん出題されます。注意してください。

 

 

 

ひっかけ問題につまずかないためには、「問題文をしっかりと読むこと」が重要です。

 

解答し終わって時間に余裕があれば、しっかりと見直しをしましょう。思いもよらぬ間違いが見つかる可能性があります。

 

そして、テスト終了後は、間違えた問題の答えを確認し、なぜ間違えたのか、しっかり理解することが重要です。間違えた部分をそのままにしてしまうと、また同じ間違いを繰り返すことにつながってしまいます。

 

解答する際のポイントとしては、「必要に応じて」「原則的には」など、限定した状況や、条件においてのルールについての問題は答えが〇の可能性が高いこと、「絶対」「必ず」「いかなる場合も」などの、断定的な表現が使用されている場合は、✕である可能性が高いことが挙げられるでしょう。

 

しかし、あくまでも可能性が高いというだけで、100%ではありません。事前に教本をしっかり読み込んで、練習問題を解き、知識を深め、問題に慣れておくことが重要です。

 

本免学科試験

 

本免学科試験とは、教習所を卒業した後、運転免許試験場で受けることになる、免許取得のための最後の関門です。この試験に合格すれば、晴れて運転免許証の取得となります。

 

本免学科試験は、住民票に記載されている住所地の運転免許試験場で受けなくてはなりません。教習所を卒業してから、1年以内に本免許学科試験に合格しないと、再度教習所に通わなければならなくなります。十分に注意して下さい。

 

本免学科試験の問題は、第二段階の効果測定と同じく、「〇×問題の他に、イラストから判断する5問を加えた全95問で、時間は50分、90点以上で合格」という内容です。

 

また、問題は各都道府県で独自に作成しており、寒冷地など、特色のある気候や道路状況の地域では、その土地の環境に合わせた問題が出ることがあります。

 

そのため、合宿免許などで、住民票の住所(本免試験を受ける運転免許試験場の管轄)以外の場所で教習を行っていた場合は、本免試験の前に改めて試験対策をすることが重要です。

 

しっかり準備して合格を目指そう!

 

効果測定とは、学科試験の模擬試験のようなもので、パスしなければ次に進むことはできません。問題内容も、本番の試験と似た内容が出題されます。効果測定のための練習問題は、書籍やインターネットで探すことができるので、しっかりと準備して挑みましょう。

 

試験に出やすい問題、自分が間違いやすい問題は、忘れずに見直しておくほか、自分が取得する免許以外の内容(例えばバイクやマニュアル車)についても問われますので、テキスト全体をしっかり読んでおくことが大切です。十分な準備を行い、落ち着いて挑み、合格を目指しましょう。

 

 

 

COLUMN 注目のコラム

INFORMATION 合宿免許の選び方関連情報