営業時間 9:30~20:00
【年末年始】1月1日・2日は終日休業
12月31日・1月3日は10:00~18:00

0120-727-047
即日発送いたします!無料資料請求 仮申込みはキャンセル無料入校仮申込み
ページトップへ
電話でのお問い合わせ 入校仮申込み

合宿免許のメリットについて

COLUMN & NEWS

友達と一緒の合宿免許!メリットとデメリット、楽しむポイントは?

短期集中で免許を取るために、自宅から遠く離れた土地にある教習所を利用して参加する合宿免許。

 

その最大の目的は、免許の取得ですが、せっかく遠方で一定期間を過ごすのであれば、友達との素敵な思い出作りを兼ねてみてはいかがでしょうか?

 

今回の記事では、友達と一緒に参加する合宿免許のメリットとデメリットと、参加する際のポイントについて解説していきます。

 

友達と一緒に参加するメリット

 

合宿免許では、約2週間もの時間を遠方の土地で過ごすことになります。

 

人生において、2週間もの間、自宅を離れて見知らぬ土地に滞在するという経験は、そう何度もできるものではないのではないでしょうか。

 

気心しれた友達と一緒に参加し、同じ宿泊施設で過ごすことで、修学旅行のような気分でワイワイと楽しみながら過ごすことができるでしょう。

 

それだけで良い思い出になるとは思いますが。合宿免許に参加する教習所によっては、近隣に観光スポット、レジャースポットがたくさんある場合も多いです。

 

教習の合間には、相応の空き時間も用意されているので、その時間を利用して、友達と観光やレジャー、マリンスポーツやウインタースポーツなどを楽しむことができます。

 

また、短期集中型の教習カリキュラムを用いている合宿免許では、短い期間でたくさんの技術、知識を吸収しなければなりません。

免許取得という、共通の目的を持つ友達が近くにいれば、教習のわからないところや、難しいところを教えあって、互いに助け合うことができるでしょう。

 

加えて、合宿免許に参加すると、見知らぬ土地にある、見知らぬ宿泊施設における、見知らぬ人達と集団生活をしなければなりません。

一人だと寂しくなってしまい、ホームシックになってしまう可能性もあります。そんな時、友達が一緒にいてくれると、心強いもの。

このように、友達と一緒に合宿免許に参加する事には、たくさんのメリットがあるのです。

 

友達と一緒に参加するデメリット

 

合宿免許に友達と参加することには、たくさんのメリットがありますが、場合によってはデメリットが生まれてしまう可能性もあります。

 

合宿免許期間中の宿泊施設において、相部屋を選択した場合、約2週間ものあいだ、友達と24時間共に生活をしなくてはなりません。

 

いくら仲の良い友達だとしても、これほどまでに長い時間を共有するというケースはあまりないのではないでしょうか。

 

ささいな事がきっかけで、思いもよらない仲たがいが発生してしまう可能性がないとは言えません。

自由時間の過ごし方における意見の食い違いや、トイレ、バスルーム、洗面台などの共用部分の使用のし方、生活リズムの違い、いびきの大きさなど、挙げればキリがありませんが、

友人関係にヒビが入りかねない要素は、日々の生活の中にたくさん転がっています。

 

もし合宿免許期間中に、深刻な仲違いに発展してしまった場合は、観光などを楽しむどころではありません。最悪の場合、教習の進捗にも支障をきたしてしまう危険性があるのです。

 

たとえば、技能教習につまずいてしまい、補講を受けることになったり、学科試験に不合格になってしまったりという状況が重なると、最悪の場合、卒業日が延びてしまい、延泊になってしまうかもしれません。

 

同時期に参加したとしても、友達だけ合格し、自分は延泊になってしまい、一緒に卒業することができなくなってしまう、という可能性もあります。これはできれば避けたい状態です。

 

友達と参加する際におすすめな教習プランや部屋タイプ

 

・グループ割引を活用する

 

たくさんの教習所が、グループ割引や団体割引を用意してくれています。複数の友達とグループで参加する場合は、グループ割引を活用することがおすすめです。1人で合宿免許に参加するよりも、お得に教習を受けることが可能になります。

 

・食事を自炊するタイプの相部屋プラン

 

合宿免許の宿泊プランの中には、その施設内で食事が提供されるプランがあります。

 

しかし、中には、食事が付いていない代わりに部屋に調理器具がそろっており、自分たちで食材を調達し、調理する「自炊プラン」を選択できる教習所もあるのです。

 

気心知れた友人と、相部屋で過ごすことだけでも楽しいですが、皆でワイワイ料理をして、一緒に食べるのも楽しいでしょう。食事付きプランと比べて、料金が安いのも自炊プランの大きな魅力です。

その地域でしか食べることのできない美味しい食材を自分たちで調理し、美味しく食べることができれば、得した気分を味わうことができるでしょう。

 

また、ご当地グルメが有名な地域の合宿免許に参加した場合は、自炊プランではなく、皆で外食しに行くのも楽しいかもしれません。

 

・女性限定プラン

 

女性同士のグループで参加する場合には、女性限定プランを選択するのもおすすめです。

セキュリティ面が充実していたり、教習所によっては、スイーツバイキングなどの、女性にとって嬉しい特典がついているところもあります。

 

ここがポイント!予約時の注意点

 

・友達とのスケジュール調整は入念に

 

合宿免許に参加する際は、約2週間ほど自宅から離れた土地で生活しなくてはなりません。

バイトや習い事、サークル活動などの、普段こなしているスケジュールを調整する必要があります。

「自分が希望する期間に、友達は都合がつかなかった」ということもあり得るため、スケジュールの調整は、友達とコミュニケーションを密にとりながら、念入りに行いましょう。

 

・なるべく早めに予約する

 

毎年、春休み、夏休みなどの学生の長期休暇の期間は、参加者が集中します。

 

「友達との日程を合わせたのにも関わらず、希望の教習所の予約がいっぱいになってしまった」という事態を避けるため、なるべく早めに予約しましょう。

 

・希望条件をすり合わせる

 

合宿免許に一緒に参加する友達とのトラブル防止のためには、申し込み前に、希望条件のすり合わせをするのがおすすめです

 

合宿免許における自由時間の過ごし方には、たくさんの選択肢があります。参加する人同士で、やりたいレジャーやスポーツ、行ってみたい観光スポットなどを話し合っておきましょう。

 

また、「セキュリティの面から、どうしても女性限定のプランが良い」など、これだけは譲れない、という条件がある友達もいるかもしれません。教習所に求める条件について、申し込み前に友達と必ず確認し合いましょう。

 

・希望の車種がAT免許とMT免許で異なる場合

 

ATとMTでは、教習の時限数が異なります。そのため、同時期に入校しても、卒業の日程をそろえることができず、一緒に卒業することはできません。

 

友達と同じ部屋に宿泊している場合、友達だけが卒業した後は、部屋を移動することになったり、別の人と相部屋になることがあります。

また、車種が異なる場合は、そもそも同部屋にできないという場合もあるため、注意が必要です。

 

現地で友達を作っちゃう?一人参加の合宿免許

 

「友達と一緒に合宿免許に参加したいけど、友達との予定が合わなかった」という場合などに、1人で参加するのは不安かもしれません。

 

しかし、友達と一緒に参加しなくても、現地で友達を作ることができます。合宿免許には、たくさんの人が様々な地域から参加するからです。

 

その中には、1人で参加している人も少なくありません。同じ1人での参加者同士、意気投合できる可能性は高いでしょう。

 

さらに、合宿免許を取り扱っている教習所の中には、参加者同士の交流会や、観光ツアーなどのイベントを企画してくれているところもあります。人見知りな人でも、スムーズに友達を作ることができるでしょう。

 

実際に合宿免許で出会ったことがきっかけで、卒業後も関係が続く、深い仲の友達ができた人もいます。

同性に限らず、異性との出会いもあるようです。合宿免許卒業後にカップルになり、最終的に結婚することになった、という人もいます。

 

仲の良い友達とグループで参加した場合、そのグループで固まって過ごすことが心地良いため、新しい友達を作りにくい傾向があります。新たな出会いを求めている人は、思い切って1人で合宿免許に参加してみるのも、良いかもしれません。

 

みんなで楽しめる!様々なタイプの教習所

 

合宿免許を取り扱っている教習所には、その施設によって様々な特色があります。

 

以下、詳しく解説していきます。

 

・教習所内の娯楽施設が充実している

 

教習所によっては、フィットネスジムが使い放題であったり、卓球場やバスケットコート、テニスコートなどのスポーツが楽しめる施設があったり、カラオケルーム、コミックルーム、音楽スタジオがある場合もあります。

 

教習漬けの日々では、体がなまってしまい、ストレスが溜まってしまうかもしれません。これらの施設を活用し、心身共にリフレッシュしてみてはいかがでしょうか。

 

一緒に参加した友達や、新たに出会った他の参加者達と一緒に楽しむことで、親睦を深めることもできるでしょう。

 

・温泉に入ることができる

 

合宿免許に参加した教習所のエリアが、温泉地であるところも多いです。近隣の温泉施設で使用できるサービス券がもらえる場合もあります。また、宿泊施設で温泉に入ることができる場合もあるでしょう。

 

教習で疲れた心と体を、温泉に浸かりリフレッシュさせることで、翌日の教習にも身が入るはずです。是非、活用して下さい。

 

・観光スポットが充実している

 

合宿免許を行う教習所の中には、施設の近隣にたくさんの観光スポットが点在しているところもあります。

 

教習の合間の自由時間を利用して、友達や、他の参加者と連れ添って観光や、サイクリングに出かけてみてはいかがでしょうか。

 

また、近くにアウトレットモールなどの施設がある場合も。自由時間をショッピングに充てるのも良いでしょう。

 

・イベントが盛りだくさん

 

歓迎会、バーベキュー、花火などのイベントを企画してくれている教習所もあります。

皆で楽しい時間を共有することで、新たに出会った他の地域からの参加者と親睦を深めるきっかけになるでしょう。

 

あると便利!こんな持ち物

 

ここからは、友達と合宿免許に参加する上で持っていくと便利なもの、楽しめるものを紹介していきます。

 

・お菓子などの嗜好品

 

休憩時間に少し小腹が空いてしまった、ということもあるでしょう。教習所によっては、近くにコンビニなどがない場合もあります。念のためにお菓子を持って行くと安心です。お菓子を友達をシェアするのも楽しいでしょう。

 

・トランプやゲーム

 

皆でトランプや、ボードゲームなどに興じることで、修学旅行のような感覚で自由時間を楽しむことができるでしょう。

 

・パソコンやタブレットで一緒に動画視聴

 

YouTubeなどの動画サイトの面白さは周知の通り。

 

映画やお笑い、ミュージックビデオなどを友達同士で視聴していれば、あっという間に時が過ぎてしまうでしょう。これさえあれば「暇でしかたない」という状態にはならないはずです。

 

宿泊施設にWi-Fi環境が整っていない場合もあります。事前に確認したり、ポケットWi-Fiを持って行くようにしましょう。

 

・共用する事で荷物が減らせるもの

 

合宿免許では、約2週間もの期間を自宅から離れて過ごすことになるため、その期間中には何度か洗濯をする必要があります。

とはいえ、洗濯のための洗剤を参加者全員が持って行ったとしても、全部使うことは無く、荷物になってしまう可能性が高いでしょう。

 

ドライヤーや、スマホ充電器なども同様です。

このように、共用すると分かっているものについては、事前に参加する友達同士で話し合っておき、持っていく担当者を決めておくと、荷物が減り往復の移動が楽になるかもしれません。

 

・ヘッドホンやイヤホン

 

合宿期間を友達と相部屋で過ごす場合は、大音量で音楽を流すわけにはいかない場合もあるでしょう。

 

かといって、音楽好きの人は、音楽が無いとストレスが溜まってしまうはずです。

 

周囲に迷惑をかけずに音楽を楽しむために、できればノイズキャンセリング機能付きのイヤホン、ヘッドフォンを持って行きましょう。

 

友達と参加して、より充実した合宿免許にしよう!

 

友達同士で合宿免許に参加すれば、それだけで良い思い出になるでしょう。

 

施設での生活以外にも、周辺での観光やスポーツ、レジャーなど、みんなでワイワイ過ごせば、楽しいひと時になるはずです。

 

友達と一緒に参加しなくても、現地で知り合って気の合う仲間を見つけた人もたくさんいます。仲間と共に、合宿免許生活をエンジョイしましょう。

 

営業時間 9:30~20:00
【年末年始】1月1日・2日は終日休業
12月31日・1月3日は10:00~18:00

0120-727-047

COLUMN 注目のコラム

INFORMATION 合宿免許の選び方関連情報