営業時間 9:30~20:00

0120-727-047
即日発送いたします!無料資料請求 仮申込みはキャンセル無料入校仮申込み
ページトップへ
電話でのお問い合わせ 入校仮申込み

合宿免許のスケジュール

COLUMN & NEWS

合宿免許の1日はどんな感じ?スケジュールや卒業までの期間をチェック!

日常の喧騒を離れ、一定期間自宅から離れて生活する合宿免許は、ちょっと長めの修学旅行のようなワクワク感があります。

でも、実際に合宿免許に参加しようと考えたとき、期間中のことで気になることもたくさんあるはず。

例えば……

  • 合宿免許の1日の流れってどうなっているんだろう?
  • 普通自動車の合宿期間は2週間くらいって聞いたけど、実際のスケジュールだともっとかかる?
  • 期間中に卒業できなかったらどうしよう?

こんなことを気にして、合宿免許に参加するかどうか迷っていませんか?

合宿免許は一般的な自動車学校とは違い、短期間で免許を取得しやすい環境が整っています。

この記事では、合宿免許の1日のスケジュールや、卒業までにかかる期間などについての情報をお伝えします。

合宿免許の期間中は、中学・高校の寮生活のようなスケジュールが組まれる

中学校・高校で寮生活を経験した人は、規則正しい生活を送っていたことと思います。
合宿免許の期間中は、さながらそんな寮生活が思い出されるような生活となるでしょう。

ただ、多くの合宿免許で、期間中の宿泊先はいくつかの選択肢の中から選べます。
学校の寮やアパート・マンションタイプの宿舎、ホテルなど。宿泊プランは教習所によって異なります。
部屋プランも多彩で、知らない人と同室の相部屋(新しい友人が作れます)、相部屋が苦手な人はシングル(個室の一人寝屋)を選べます。また、友達と一緒のツイン(2名部屋)、トリプル(3名部屋)など様々で、この点は寮生活よりも柔軟性があります。

とはいえ、合宿免許の期間のスケジュール感は、さながら学校そのもの。
学習期間中は、どのような流れで合宿期間を過ごすのかイメージしておくと
安心ですね。

午前の流れ

朝食を食べたら、一般的な合宿免許のスケジュールとして、午前中は教習中心の生活になります。
期間中のカリキュラムによっては、週の初めに朝礼を行うケースもあり、初日の場合は入校手続き→適性検査の後すぐに教習がスタートします。

合宿免許における教習の時限は、概ね1時間を1コマとして進んでいきます。
また、技能教習に関しては、1日当たりの最大時限数が決まっています。

具体的には、教習所内のコースで運転の基礎を学ぶ「第一段階」で2時限、実際に公道を走行する「第二段階」で3時限となっています。
学科教習に関しては、合宿期間中にこのような時限の縛りはありません。

そのような事情から、午前中に学科が組み込まれるケースは多く、期間中は午前が学科だけで埋まることも。
ただ、午前中にまったく技能教習がないわけでもないので、期間中にカリキュラムが予定通り進めば、技能だけで午前中が終わることもあります。

また、合宿免許の期間中は、教習が進むにつれて空き時間が生まれますから、そのタイミングで学科の自習などを行います。
パソコンソフトを使って自習できる合宿免許もあり、環境によって時間の使い方が変わってくるのが特徴です。

学科教習は、合宿期間中にたくさんの知識を入れなければ合格できないため、空き時間を有効に使うのが合格への近道です。
学校側も合宿免許の期間を無駄にしないよう、学生がこまめに復習できるスケジュールを組んでいます。

お昼休憩

午前中のカリキュラムが終わったら、1時間程度のお昼休憩があります。
合宿免許によって違いがありますが、学校の食堂に大人数が集まることもあって、ランチも豪華なところが多いようです。

合宿免許の中には、ホテル顔負けのビュッフェを用意しているところも!
食べたいものを自由に食べられるのは、2週間前後という期間を合宿免許で過ごす多くの学生にとって、ストレス解消につながります。
(※新型コロナウイルス感染症流行の為、ビュッフェ等を停止しているところもあります)

合宿免許で出会った友達とのコミュニケーションも、期間中の食事を美味しくしてくれることでしょう。
ランチでお腹を満たしたら、午後の教習が待っています。

午後の流れ

午後の教習は、最初の期間は学科と自習で終わる時期もありますが、二段階目の期間に入ると技能教習の割合も増えてきます。
食事をとった後の教習なので、学科は眠くなるかもしれませんが、ここはガマンの期間です。

教習のない時間は自習や休憩にあてられますから、勉強ばかりで疲れを感じたら、教習所内のフリースペースで気分転換することもできます。
合宿免許は短期間で集中して知識と技術を詰め込むため、
適度な息抜きが必要です。

午後の技能教習で注意したいのが、太陽の位置です。
午前中はさんさんと輝いていた太陽も、遅い時間になるにつれて沈んでいきます。
季節によっては、最終時限の頃には薄暮れとなり、ヘッドライトをつけながらコースを走ることになるでしょう。薄暮れの夕方は、周囲の見通しが悪くなることを考慮して、昼間よりも安全運転を意識することが求められます。

放課後タイム

1日のカリキュラムが終わったら、あとは夕食と自由時間が待っています。
夕食も、基本的には合宿免許のプランに含まれているため、安心してたくさん食べられます。

合宿免許によっては、自炊や食事なしといった食事のフリープランを用意しているところもあります。
フリープランを選ぶと朝・夕が自由になるなど、自分が食べたい食事を選べるようになるので、ベジタリアンの人や宗教・身体上の理由で食べ物が制限されている人も安心です。

合宿免許が行われる場所は、大都市から離れていることが多いので、地域によっては近所に温泉があったりします。
仲間同士で温泉を楽しめるのは、合宿免許の期間ならではの特権です!

学校寮や指定のホテルに戻ったら、それぞれ思い思いの時間を過ごせます。
今日一日の復習をするもよし、みんなでワイワイ話をするもよし、消灯の時間を迎えるまでの楽しいひとときです。

もちろん、明日に備えて早めに休むのも、合宿免許の大切なルール。
合宿免許の期間中は、基本的には自己管理が求められる環境ですから、夜更かしせずにしっかり休みましょう。

▼免許の種類から教習所を探す
https://www.coop-menkyo.jp/license/

▼オトクなキャンペーン情報はこちら
https://www.coop-menkyo.jp/campaign/

運転免許の種類によって違う合宿免許の卒業期間

合宿免許の卒業期間は、運転免許の種類によって期間が違います。
難易度が高いカリキュラムであればあるほど、卒業するまでの期間は長くなるものと考えてよいでしょう。

普通自動車免許でも、MT(マニュアル・トランスミッション)車、AT(オートマチック・トランスミッション)車によっても、卒業期間が違います。
続いては、運転免許の種類ごとに、合宿免許の一般的な卒業期間をご紹介します。

普通自動車の期間

普通自動車免許は、まったくの運転未経験から取得する人のことを考慮して、合宿免許のカリキュラム・期間も長めです。まずは自動車免許の基本ともいえる普通自動車の免許取得期間について見ていきましょう。

MT車

普通自動車のMT免許は、合宿免許の最短卒業期間が約「16日」となっています。
これは、無免許または原付のみ取得している人の最短卒業期間で、普通二輪を取得している場合の卒業期間は約15日となります。
(※最短期間は教習所や地域によって異なります)

MT車の運転技術は、中型・大型といった自動車を運転する際には必ず身に付けなければなりません。
第一段階の技能教習も、AT限定よりも3時限多く設けられています。

ここで、先ほどお伝えした内容の復習です。
第一段階の技能教習は、1日に「2時限まで」でした。
ということは、卒業期間は最低でもAT限定より「2日」遅くなることになります。

MT車の技能教習は、第一段階で15時限なので【2時限×7日+1時限×1日】ですから、どうしても8日の日程を確保しておく必要があります。
これに対して、AT車の技能教習は、第一段階で12時限なので【2時限×6日】なので、6日で教習が終わる計算になります。

さて、AT限定の最短卒業期間は、どのくらいになるしょうか。

AT限定

AT限定の最短卒業期間は、合宿免許で約「14日」が答えです。
第二段階の技能教習の時限は、MTもAT限定も変わらないので、第一段階の時限数が日数の違いとなっています。

こちらも、運転未経験または原付のみ取得している人の最短卒業期間で、普通二輪を取得している場合の卒業期間は約「13日」となります。
自家用車・AT車しか運転しないのであれば、日本で走っている自動車のグレードのほとんどがAT車なので、AT限定でも不自由しないでしょう。

▼普通車の合宿免許プランはコチラ
https://www.coop-menkyo.jp/license/futsusya/

準中型自動車の期間

車両総重量3.5t以上7.5t未満・最大積載量4.5t未満の自動車が運転できる準中型自動車免許は、ドライバーが18歳以上からトラックを運転するために設けられた経緯があります。
準中型自動車免許が登場するまで、若年者が宅配便・コンビニ配送・資材運送のためトラックを運転するには、最短で20歳まで待たなければならず、そのような状況を解消するため設けられた免許と言われています。

運転未経験からも取得できる免許で、合宿免許の最短卒業期間は約「18日」です。
なお、すでに普通車MTの免許を取得しているなら、最短卒業期間は約「6日」です。

▼準中型車の合宿免許プランはコチラ
https://www.coop-menkyo.jp/license/semi_medium/

中型自動車の期間

中型自動車免許は、車両総重量7.5t以上11t未満・最大積載量4.5t以上6.5t未満の自動車が運転できる、プロドライバー向け免許です。取得条件は、基本的に、普通車免許などを所持し、運転経歴が2年以上ある人が対象です。

普通免許所持の場合の最短卒業期間は約「13日」となります。
準中型自動車免許を取得していると、最短卒業期間は約「6日」まで短縮されます。

▼中型車の合宿免許プランはコチラ
https://www.coop-menkyo.jp/license/medium/

大型自動車の期間

大型自動車免許を取得すれば、車両総重量・最大積載量の制限がなくなります。
取得条件は、取得条件は、普通自動車免許、準中型免許、中型免許(中型8t限定を含む)、大型特殊免許のいずれかを取得しており、免許停止期間を除くその通算運転経歴が3年以上であることです。

中型8t限定免許とは、平成19年6月1日以前の普通自動車免許のことで、車両総重量8t未満・最大積載量5t未満・乗車定員10人以下の自動車が運転できます。

教習期間は、所持免許によって異なり普通車所持の場合の最短卒業日は約「13日」、中型8t限定の場合は「9日」中型免許所持の場合は「7日」となります。

▼大型自動車の合宿免許プランはコチラ
https://www.coop-menkyo.jp/license/large/

普通二輪の期間

合宿免許では、四輪自動車だけでなく、自動二輪(バイク)の免許も取得できます。
こちらも、MT・AT限定の違いにより、卒業までの最短期間が変わってきます。

また、バイクのサイズによって難易度も異なるため、合宿免許を卒業するまでの期間に影響します。
以下、各種二輪免許の取得時にかかる、最短卒業期間をご紹介します。

小型限定

小型限定二輪免許で運転できるのは、排気量125cc以下のバイクです。
スクータークラスのモデルを運転できるので、意外とニーズが高い免許の一つです。

免許はMT・ATの2種類に分かれており、MTの合宿免許の場合、普通自動車免許を持っている場合での最短卒業期間は約「6日」となっています。
ATに関しては、入学から卒業まで2日間という、非常に短期間の自動車学校のプランが登場しており、土日で取得することも可能です。

普通二輪MT

普通二輪MT免許で運転できるのは、排気量400cc以下のバイクです。
街乗りだけでなく、ツーリングも楽しみたい人は、こちらの免許が合宿免許のターゲットになるでしょう。

一般的に、最もニーズの高いのが普通二輪のMT車です。運転未経験者でも、合宿免許のカリキュラムを問題なく進めていけば、最短期間で約「9日」で卒業できます。

普通自動車免許を取得している人なら、学科教習の時間が短縮されるため、最短卒業期間は約「8日」となり、普通免許所持の割引がある場合も多く、費用も抑えられます。
将来的に大型二輪に乗ってみたい人は、まず普通二輪MTを取得しましょう。

普通二輪AT限定

普通二輪AT免許で運転できるのは、排気量400cc以下の「ATの」バイクです。
四輪自動車と違い、バイクでのAT限定は運転できるモデルが限定されてくるため、スクーター以外に乗る予定がない人向けの免許と言えるかもしれません。

こちらはやや合宿免許の期間が少なくなり、運転未経験者の最短卒業期間は約「7日」です。
普通自動車免許を取得している人は、最短卒業期間が約「6日」となります。

▼普通二輪免許の合宿免許プラン
https://www.coop-menkyo.jp/license/bike/

大型二輪の期間

大型二輪免許を取得すると、排気量の制限がなくなります。
荷物を搭載して移動でき、加速力も増すため、ツーリングが快適になります。

ただし、車体が重いのでバイクを持ち上げて立て直したり、取り回すことが大変になります。
そういった取り扱いの難しさから、普通二輪MTを取得していることが前提となりますが、合宿免許の卒業の最短日数は約「6日」と短めです。

▼大型二輪免許の合宿免許プランはコチラ
https://www.coop-menkyo.jp/license/bigbike/

二種免許の期間

合宿免許で二種免許を取得できるのは、普通自動車・中型自動車・大型自動車の3種類です。
二種免許とは、運賃をもらって乗客を輸送する目的で自動車を運転する際に必要な免許で、具体的にはタクシー・バスなどが該当します。

取得には一定の運転経験が要求され、検定試験の難易度も高く設定されています。
各種免許を取得していることを前提に、合宿免許のカリキュラムが構成されているため、未経験からの取得はできません。

それを踏まえた上で、所持免許に応じた最短卒業期間をまとめました。
将来的に合宿免許で二種免許を取得する際は、自分のスキルに合わせてカリキュラムを選びましょう。

二種免許の種類

所持している免許

最短卒業期間

普通二種MT

普通自動車MT

9日

準中型車

準中型車5t限定

中型車8t限定(MT)

中型二種

普通自動車MT

13日

中型車8t限定(MT)

12日

中型車

8日

大型二種

普通自動車MT

16日

準中型車5t限定

16日

準中型車

14日

中型車8t限定(MT)

13日

中型車

11日

大型車

7日

※最短卒業期間は教習所によって異なります。

▼普通二種免許の合宿免許プランはコチラ
https://www.coop-menkyo.jp/license/usually_two_species/

▼中型二種免許の合宿免許プランはコチラ
https://www.coop-menkyo.jp/license/2medium/

▼大型二種免許の合宿免許プランはコチラ
https://www.coop-menkyo.jp/license/two_large/

合宿免許を最短期間で卒業するためには

ここまでお伝えしてきた通り、合宿免許の最短卒業期間は、過去に取得した自動車免許の種類によって変わってきます。
しかし、短期間で集中して勉強できる環境が整っていても、誰もがストレート合格できるとは限りません。
以下に、合宿免許を最短期間で卒業するために知っておきたい、確認ポイントをご紹介します。

合宿免許のカリキュラム・コースを確認する

合宿免許を最短期間で卒業することは、無駄な時間・費用をかけない意味でも重要なことです。
ただ、あくまでも最短というのは「カリキュラム・コースを問題なくやり遂げた人」にとっての最短であり、すべての人に最適化されたカリキュラム・コースというわけではありません。

一例として、技能試験の修了検定・卒業検定の日程があげられます。
検定が毎日行われている合宿免許の場合は、仮に検定で不合格となってしまっても、反省点を踏まえ翌日には再度検定が受けられます。
しかし、隔日で検定が行われている場合、不合格後に翌日の再検定が受け付けてもらえないため、1日から2日のタイムラグが生じます。

初めて試験を受ける人の大半は、自分がカリキュラム・コースの通りに合格できるものと想像すると思いますが、残念ながら100%通過できるとは限りません。

一発合格の自信がない人は、不合格になっても追加料金が発生しないコースを選ぶなど、自分の将来の失敗に対して保険をかけるつもりで臨んだ方が安心です。
合宿免許のカリキュラムは地域によっても変わってくるため、特定の地域にこだわらず、自分が安心できるところを選びましょう。

合宿免許のタイミング・期間を確認する

そもそも、合宿免許という選択肢を選ぶ人は、免許を取るまでの期間を最短化したいはずです。
学生なら、夏休み・冬休みといった期間を利用して、まとまった休みが取れるうちに免許を取りたいと考えるでしょう。

当然、学生の長期休暇の時期は予約が殺到するため、合宿の参加人数が多くなり、教習所によっては閑散期に比べ、教習日数が長くなっている場合があったり、地域によっても教習日数の長短があるので、予約時に最短卒業日を確認しておくといいでしょう。試験を落としてしまう可能性もある為、スケジュールには余裕をもっておくことをお薦めします。

また、仮免許が発行される期間にも注意が必要で、例えば年末年始をまたぐスケジュールで合宿免許に参加した場合、その期間は発行元の警察署がお休みになっている可能性があります。
年末年始やゴールデンウイークをまたぐ合宿免許の場合は、教習所の都合によって、その期間は一時帰宅となることもあるので、事前に確認しておくことが大切です。

合宿免許でストレート合格ができないケースを確認する

せっかく合宿免許に参加したのに、期間中にストレート合格に至らなかった場合、気持ちも落ち込みますし滞在する期間も長くなってしまいます。
合宿免許の期間中は、とにかく真面目に・丁寧に勉強することが、最短期間での卒業を実現するポイントになるでしょう。

技能試験

これから合宿免許に参加しようとしている人の中には「学科は努力次第で何とでもなるけど、技能に関してはセンスがあるから落ちるのはしょうがない」と考えている人もいるかもしれません。
しかし、自動車を運転する以上、周囲に危険を及ぼさない運転ができることは最低条件ですから、残念ながら言い訳は通用しません。

技能試験の成績が理由でストレート合格できない人は、以下のようなポイントでつまずいている傾向にあります。

  • S字
  • クランク
  • 坂道発進
  • 縦列駐車 など

特にMT車の場合、坂道発進は難関の一つに数えられます。
発進に失敗して後ろに下がると「逆行」と判断され、概ね1m以上下がってしまった場合は失格となります。

合宿免許とはいえ、自由に教習者の運転ができるわけではありませんから、期間中は動画などをチェックしてイメージトレーニングを怠らないことが大切です。

学科試験

暗記科目に苦手意識を持っていると、学科試験のひっかけ問題などでつまずいてしまうことも珍しくありません。
一生懸命勉強して数をこなしても、自分の弱点が克服できないままだと、合宿免許の期間中にストレート合格できない可能性があります。
この状況を解決するには、合宿期間中は独学に頼らず合宿免許で用意されている問題を解き続け、間違った部分は理由も含めて確認しながら解き直すことが大切です。

合宿免許では、仮免試験の合格率を把握した上で、間違えやすい問題や傾向を把握してカリキュラムを見直しています。
よって、学科試験を突破するなら、合宿免許側が用意した問題にスポットを当ててしっかり勉強しましょう。

遅刻、欠席

合宿免許の期間中は、入学から卒業まで一気に予定を組んでいるため、遅刻や欠席は厳禁です。
予定されている教習に遅れてしまった場合、残念ながらその教習を受けたことにはなりません。

また、集団で過ごす機会が多い期間でもあるので、体調を崩してしまうリスクも高い環境です。
自宅とは違う環境での体調管理に自信がない人は、十分に注意してください。

おわりに

以上、合宿免許の1日のスケジュールや、最短卒業期間についてお伝えしてきました。

合宿免許では、短い期間ながらも濃密な体験ができるため、楽しい時間になるはずです。
ただ、その期間すべてが楽しいわけではなく、試験や勉強など厳しい時期もあります。

合宿免許の期間中は、自宅の環境とは違って自己管理が求められますから、体調不良や気持ちの落ち込みにも気を配る必要があります。
同じ目的を持つ仲間と一緒に、最短卒業期間を目指して頑張りましょう!

▼免許の種類から教習所を探す
https://www.coop-menkyo.jp/license/

▼オトクなキャンペーン情報はこちら
https://www.coop-menkyo.jp/campaign/

この記事のタグ

COLUMN 注目のコラム

INFORMATION 合宿免許の選び方関連情報